海外転勤者の資産管理術

海外赴任中のマンション管理、売却から賃貸までの選択肢を解説

海外赴任は、新たな文化や環境に触れる機会を提供し、個人の視野を広げる素晴らしい経験となります。しかし、一方で、自宅となるマンションの運用に頭を悩ませる方も多いのが現実です。これから海外赴任を控えている方、既に海外に駐在している方に向けて、マンションの管理や選択肢について解説します。

まず、海外赴任中に自宅マンションをどうするか、という問題には主に「売却」、「賃貸」、「空き家管理」の3つの選択肢があります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるため、自身の資産管理とマンションの状況を考慮しながら最適な選択を行う必要があります。

売却を選択する場合、一番重要なのはマンションの査定価格です。査定価格は、物件の立地や築年数、設備などによって大きく変動します。不動産会社に依頼して査定を行う事で、自身のマンションがいくらで売れるか、売却で得られる利益はどれほどかを把握することが可能です。しかし、売却を選択する際にはローンの残高や税金、諸費用を考慮する必要もあります。また、帰国後に再度住宅を購入する費用も見越しておくことがおすすめです。

次に、賃貸を選択する場合、マンションを空き家にせずに収益を得ることができます。不動産会社に管理を任せることで、入居者の募集や契約の手続き、家賃の回収などを代行してもらうことが可能です。しかし、賃貸運用にはリスクも伴います。例えば、入居者が見つからない期間が長い場合や、入居者とのトラブル、物件の修繕などが挙げられます。こうしたリスクを把握した上で、賃貸運用のメリットを最大限活用する方法を探すことが必要です。

最後に、空き家管理を選択する場合、自身の持ち家を保全しながら海外赴任を遂行できます。空き家管理のサービスを利用すると、定期的な点検やメンテナンス、安全確認などを行ってもらえます。ただし、その費用は自己負担となります。また、期間中に家賃収入は得られないため、収益性は低いと言えます。

海外赴任中のマンション管理は、転勤の期間や自身の資産状況、マンションの状態などを考慮に入れた上で、最適な選択をすることが求められます。また、専門的な知識が必要な場合もあるため、不動産会社や専門家に相談することも大切です。

海外赴任は、新たな人生のステージを迎える大切な一歩です。そんな大切な時期に、マンションの運用に悩む必要はありません。各選択肢のメリット、デメリットを理解し、自身のライフプランに合った選択をしてください。どんな選択をしても、それがあなたの新たな人生を豊かにする一助となることでしょう。

(c) 2024 海外転勤者の資産管理術